ややこしい債権管理は電子記録債権におまかせ

使う事で快適になる

メンズ

今、企業にとって欠かせないと言われているシステムがCRMシステムです。CRMシステムを採用する事で顧客の情報管理やその情報を活かした運営をする事ができるようになるのでとても便利です。業績アップを見込む事も可能です。

もっと見る

営業の強い味方

システム

SFAはIT技術を用いた営業を強力にバックアップするための情報システムで、多くの企業が導入し、注目を集めています。自社にあったものを選ぶ事ができれば頼もしい味方となりえますから、しっかりと信頼できるものを考えていきましょう。

もっと見る

営業支援をしてもらおう

男の人

営業支援として電話代行を利用する会社が増えてきています。そうすれば、他の業務をスムーズに運べるようになるので効率的です。電話セールスや顧客への確認電話などが電話代行となることがあります。パートやアルバイトが行うこともあります。

もっと見る

債権管理を円滑化する

IT

紙媒体にないメリット

売掛債権の管理と回収をスムーズに行なえるよう、2008年から電子記録債権法が施行されています。この法律により従来のような紙媒体ではなく、インターネットで債権の取引ができるようになりました。電子記録債権は手形のように作成や交付の手間がいらず、紛失したり盗難に遭ったりするリスクがありません。また手形と違って自由に分割できるというメリットがあります。指名債権は故意や人的ミスによる二重譲渡など、債権自体が存在しないリスクがあります。また債権を譲渡する際には債務者への通知が求められ、人的抗弁を対抗される恐れもあります。電子記録債権は債権の存在や譲渡が明確に記録されるため、債務者への通知も必要ありません。

透明性と安全性

電子記録債権は従来の指名債権や手形をコンピューター上に記録したものではなく、完全に別の債権と考えたほうが良いでしょう。電子債権は主務大臣の指定を受けた電子債権記録機関を通して取引する必要があります。記録機関はいわば債権の登記所であり、すべての情報が記録原簿に載せられ開示されます。こうした透明性と安全性が確保されているため、迅速かつ簡単に債権の取引ができます。満期前の売却や分割も自由にできるのが特徴です。電子記録債権を利用するには、債権者と債務者の双方が電子債権記録機関に請求を行なわなければなりません。最終的に支払いが行なわれると、記録機関は金融機関から連絡を受けて、債権に関する情報を抹消します。